騎手

競馬の現役有名騎手をまとめてみた【日本人編】

投稿日:2019年12月12日 更新日:

 

競馬は馬7:騎手3で決まると言われているほど、騎手の力が大きいです。

 

中央競馬にも地方競馬にも数多くの騎手が存在しますが、その中でも現役で活躍している有名日本人騎手を紹介します。

 

 

 

外国人騎手が大活躍の時代

 

f:id:a-ki-0120:20190726102417p:plain

 

有名日本人騎手を知る前に、今の競馬界は日本人騎手よりも外国人騎手の活躍のほうが目立っている現状を知りましょう。

 

現在、中央競馬所属の外国人騎手はクリストフ・ルメール騎手ミルコ・デムーロ騎手の2人となっています。

 

そして、この2人が中央競馬で大活躍しています。

 

2人とも2015年に中央競馬所属となりましたが、ルメール騎手は2017年から2年連続でリーディングジョッキーデムーロ騎手も2017年から2年連続リーディング2位と、外国人騎手がリーディング上位を独占しています。

 

リーディング以外でもG1など大きな舞台で日本人騎手を差し置いて優勝しています。

 

競馬のG1とは?G1についてまとめてみた

 

ルメール騎手、デムーロ騎手以外にも、春や秋のG1シーズンになると世界で活躍している有名外国人騎手が短期免許で来日し大活躍しています。

 

外国人騎手は日本人騎手よりも腕があり、人気馬に乗ることが多いので、その分、日本の若手騎手などの騎乗機会が少ないです。

 

ですが、この現状の中でもしっかりと活躍している日本人騎手がいるのも事実です。

 

 

 

現役有名日本人騎手の一覧

 

ここでは、近年で活躍している有名な日本人騎手を紹介します。

 

競馬初心者の方はどの馬を買おうか悩んだ時はここで紹介する騎手の馬を買ってみることをおすすめします。

 

 

武豊

 

競馬に詳しくない人でも知っている日本競馬界のスーパースターです。

 

2019年現在、50歳とかなりベテランの域に入っていますが、それでも今なお活躍している騎手です。

 

これまで積み上げた勝利数は4100を超えており、歴代最多の記録となっています。

 

他にも数々の記録を残しており、通算G1勝利数やJRA最多騎乗記録などほぼ破られることはないであろう記録を樹立しています。

 

これまでに数多くの名馬に騎乗しており、中でも有名なのがディープインパクトでしょう。

武豊はディープインパクトの全14戦の全てで手綱を取っています。

 

ディープインパクトとは中央競馬クラシック三冠を無敗で達成した名馬です。

競馬のクラシックレースとは

 

現役を引退し、種牡馬となっても毎年リーディングサイアー(産駒が一番勝った)となっており、大活躍しています。

 

2019年に亡くなってしまいましたが、競馬ファンに強烈な印象を与えた馬であり、武豊といえばディープインパクトと多くの人が思っています。

 

最近では獲得賞金歴代1位となったキタサンブラックにも騎乗していました。

 

キタサンブラックが4歳の頃からの騎乗でしたが、天皇賞春・秋や有馬記念を優勝させています。

 

ディープやキタサンの他にもスペシャルウィークやメジロマックイーンなどの名馬にも騎乗しています。

 

2019年は2015年以来となる100勝を達成しており、ベテランながらまだまだ衰え知らずなところを見せてくれています。

 

近年の傾向としては京都のダート長距離の成績が良く、2回に1回は馬券内に来ています。

関西のダートの時に熱く狙うことをおすすめします。

 

 

川田将雅

 

近年一番活躍している日本人騎手でしょう。

 

2010年以降安定して活躍していましたが、2019年は自己最多となる勝利数を記録し、大活躍しました。

 

2008年に皐月賞をキャプテントゥーレで制してからコンスタントにG1を勝利しており、2016年にはマカヒキでダービーを優勝しました。

 

最近では多くのG1で好走しているキセキや2017年に最優秀2歳牡馬を受賞したダノンプレミアムに騎乗しています。

 

ただ、いずれの馬もG1で好走はするものの勝ちきれず、ファンの印象としては川田将雅はG1で人気馬に数多く騎乗する割には勝利できていないという印象があります。

 

近年のデータでは逃げ馬での複勝率が80%を超えており、先行馬の成績も良いことから逃げ・先行馬の川田将雅は押さえておくべきかもしれません

 

 

 

福永祐一

 

武豊に次いで日本人騎手の中で有名な騎手です。

 

バラエティ番組などにもよく出演しており、凱旋門賞の時は地上波の番組で解説をやっているので知っている人も多いでしょう。

 

2010年から毎年100勝を超えており、常にリーディング上位に位置している日本人騎手です。

 

代表的な馬と言えば、G1を3勝したジャスタウェイや菊花賞を制したエピファネイアが挙げられます。

 

最近ではダービーを制したワグネリアンや安田記念を制したインディチャンプに騎乗しています。

 

よく勝っている一方で、一部のファンの間では4着が多い印象を持たれています。

 

全体的な数字としては4着の数はそれほど多くないですが、大きな舞台での4着は多いです。

 

近年のデータを見ると中京競馬場での勝率や複勝率が良いので、中京競馬場の時の福永祐一はおすすめします

 

 

戸崎圭太

 

2014年から2016年まで3年連続でリーディングを獲った関東を代表する騎手です。

 

元々は地方競馬である大井競馬所属の騎手でした。

平日は大井競馬場で楽しもう

 

G1など大きな舞台での1勝よりも平場での勝利数にこだわっている騎手なので、人気騎手ながらG1に乗らない時も多々あります。

 

関西には外国人騎手や武豊など、ここで紹介した騎手が数多く在籍しますが、関東には関西ほどの騎手はおらず、現状関東だと戸崎圭太がナンバーワンジョッキーでしょう。

 

代表的な馬としては皐月賞を制したエポカドーロやダービー2着のダノンキングリーが挙げられます。

 

人気馬に乗ることが多いので、人気薄の馬にはあまり乗りませんが、人気薄の馬に乗った時の成績は良くありません。

 

9番人気以下の馬では2018年の12月以降、一度も勝利していません。

 

また、関東の競馬場の成績はいいですが、京都競馬場などの勝率はかなり低いので、関西の戸崎圭太は注意が必要です

 

 

 

横山武史

 

知名度は大きくないですが、若手騎手の中では頭一つ抜けている関東の騎手です。

 

父は2700勝以上している今なお現役の横山典弘騎手です。

 

有名な話ですが、ルメール騎手が若手騎手の中で上手いと思ったのが横山武史騎手だそうです

 

いまだ重賞での勝利はありませんが、近々勝利することは間違いないでしょう。

 

横山武史は頻繁に大穴をあける印象が強く、実際2ケタ人気の馬を馬券内によく持ってきているデータがあります。

 

穴馬とは?競馬の穴馬の狙い方【競馬初心者向け】

 

東京や中山競馬場での成績は今一つですが、新潟や小倉などのローカルでは好成績を残しているので、ローカルでの人気薄の横山武史は要注意です

 

 

まとめ

 

昨今の競馬界では外国人騎手が大活躍していますが、日本人騎手も負けてはいません。

 

若手の中には海外へ武者修行しに行っているジョッキーもおり、将来が楽しみな騎手がたくさんいます。

 

ただ、安定して馬券を取りたいなら、外国人騎手やここで紹介した騎手を買うのがベストでしょう。

 

川田将雅や戸崎圭太など、今回紹介した騎手は人気馬に乗る機会が非常に多いので、当然ながら勝つ確率も高いです。

 

 

-騎手

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地方競馬で活躍している上手い騎手6人を紹介!

  中央競馬は詳しいけど、地方競馬はあまり知らないという人は多いでしょう。   ここでは、地方競馬で活躍している上手い騎手を6人紹介します。   地方競馬初心者でも、ここ …

最近引退した騎手をまとめてみた!【2020年版】

  競馬の騎手は他のスポーツに比べて現役期間が長いですが、それでも毎年何名かの騎手が引退していきます。   ここでは、最近引退した騎手をまとめてみました。   ただ、今回 …

no image

競馬の騎手になるには&競馬学校について

    スポーツ選手の中でも年収が高いのが騎手(ジョッキー)という職業です。     華のある職業ですが、騎手になるまでには相当な苦労が必要となります。       騎手免許   そもそも騎手になるに …

no image

【2020年版】現役の女性騎手一覧

  2020年4月現在、中央に1名、地方に10名と計11名の現役女性騎手が存在します。   以前はあまり女性騎手の活躍が目立ちませんでしたが、近年は藤田菜七子騎手を筆頭に女性騎手の …

有望な若手騎手をまとめてみた!

  競馬界には毎年、何名かの新人騎手が入ってきます。   しかし、昨今の競馬界は外国人騎手や一部の騎手に有力馬が集中し、若手騎手のチャンスが少なくなっています。   ただ …