競走馬

現役ダート馬で一番強いクリソベリルについてまとめてみた

投稿日:2019年12月16日 更新日:

 

現在、ダート界にはルヴァンスレーヴやゴールドドリームなどの名馬がいますが、その中でも結果を残し続けているのがクリソベリルです。

 

ここでは、現役ダート馬で一番強いクリソベリルについてまとめてみました。

 

 

クリソベリルとは

 

f:id:a-ki-0120:20190808012852j:plain

 

クリソベリルとは2016年2月10日生まれの牡馬です。

 

父はフェブラリーステークスやジャパンダートダービーを制したゴールドアリュール、母は芝で3勝を挙げたクリソプレーズです。

 

2019年12月現在、6戦6勝で重賞を既に4勝しています。

 

主戦は川田将雅騎手で3戦目以外は全てのレースで手綱を取っています。

 

 

 

クリソベリルの兄弟は名馬ばかり

 

クリソベリルの兄弟は名馬ばかりです。

 

まず、半姉にはエリザベス女王杯や宝塚記念を制したマリアライトがいます。

2016年の宝塚記念では8番人気ながら、ドゥラメンテやキタサンブラックを抑えて優勝しました。

 

全兄にはジャパンダートダービーやコリアカップを制したクリソライトがおり、半兄には神戸新聞杯を制したリアファルがいます。

 

半弟のヴァーダイトは2019年12月にデビューしたばかりですが、デビュー戦の阪神芝2000mを完勝しています。

 

 

新馬戦は圧勝

 

兄弟が名馬ばかりなので、デビュー戦から期待されていたクリソベリルはその期待以上のパフォーマンスを新馬戦で見せます。

 

クリソベリルは2018年の9月に阪神ダート1800mでデビューします。

 

鞍上には川田将雅を迎え、当日は単勝1.2倍の一番人気に推されます。

 

レースでは中団でレースを進め、4コーナーで早めに先頭に立ち、そのまま上がり最速の38.0の脚を使って勝利しました。

 

2着には7馬身差をつける圧勝で、3連単も810円しか付かない堅い決着となりました。

 

このレースに出走していた馬は後のレースでもあまり活躍できていないので、メンバーのレベルは大したことはありませんでしたが、それでも高いパフォーマンスを見せてくれました。

 

 

2戦目も7馬身差の圧勝

 

クリソベリルは2019年3月に3歳500万下の阪神ダート1800mに出走します。

 

ここでも前走に続き単勝1.6倍と圧倒的な人気となります。

 

レースでは難なく直線で先頭に立ち、上がり最速の脚でまたしても2着に7馬身差をつけて圧勝します。

 

このレースの2着~5着までの馬はいずれも後に500万下を勝っており、前走に比べてメンバーのレベルが高くなったなかでの圧勝劇でした。

 

また、クリソベリルの凄いところは新馬戦、500万下いずれもノ―ステッキで勝っているところです。

 

 

 

重賞初出走で初勝利

 

2連勝したクリソベリルは2019年5月に園田競馬場で行われたG2兵庫チャンピオンシップに出走します。

 

ここ2戦の圧勝ぶりから、ここでは単勝1.1倍の圧倒的人気となりました。

 

レースではいつも通り好位でレースを進め、4コーナーで先頭に立ち、2着に5馬身差をつけて圧勝しました。

 

これでデビューから3連勝となり、無傷での重賞制覇となりました。

 

 

親子・兄弟でジャパンダートダービー制覇

 

f:id:a-ki-0120:20190726105405p:plain

 

クリソベリルは兵庫チャンピオンシップ勝利後、3歳のダート最強馬を決めるJpn1ジャパンダートダービーに出走します

 

ここでも相変わらず単勝1.2倍の断然人気となります。

 

道中は6番手で進み、最後の直線で4番人気のデルマルーヴルを交わし、2着に3馬身差をつけて重賞2連勝を達成します。

 

ジャパンダートダービーは父のゴールドアリュール、全兄のクリソライトも勝利したレースで、この勝利によって親子&兄弟でジャパンダートダービー制覇となりました。

 

勝利騎手の川田騎手は「体がまだまだ成長途中」と述べており、未完成ながらの圧勝劇となりました。

 

 

初の古馬相手に完勝

 

クリソベリルはジャパンダートダービー制覇後、日本テレビ盃に挑みます。

 

クリソベリルはこれまで同世代としか戦っておらず、初の古馬相手のレースとなりました。

 

相手もコリアカップを制したロンドンタウンや2018年のフェブラリーステークスを優勝したノンコノユメが出走しており、相手関係が一気にレベルアップしました。

 

しかし、ここでも単勝1.1倍に支持され、終わってみれば2着のロンドンタウンに4馬身差をつける完勝となりました。

 

これにより無傷の5連勝となりました。

 

 

 

無傷でダート界の頂点に君臨

 

日本テレビ盃を勝利したクリソベリルは2019年12月に行われたG1チャンピオンズカップに出走します。

 

チャンピオンズカップはダート界のチャンピオンを決めるレースであり、これまでの相手から一気にレベルが上がるレースです。

 

チャンピオンズカップにはG1を5勝しているダート界の王者ゴールドドリームや2019年のフェブラリーステークスを制したインティなど、数多くのG1馬が出走しました。

 

クリソベリルはこれまで5戦全てで圧倒的1番人気となっていましたが、チャンピオンズカップではゴールドドリームに次ぐ2番人気となりました。

 

ダート最強馬ゴールドドリームについてまとめてみた

 

2番人気の理由としては、戦うごとに着差が縮んでいたり、相手関係が一気に上がることなどから不安の声が多かったことが挙げられます。

 

しかし、レースでは好スタートから3番手につけ、最後の直線では内のインティと外のゴールドドリームに挟まれる壮絶な叩きあいを制し、JRA・G1初制覇となりました

 

 

サウジカップで初黒星

 

クリソベリルはチャンピオンズカップ後、2020年2月29日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われたサウジカップにゴールドドリームと共に出走しました。

 

このレースは1着賞金が11億円と超高額で、世界のトップホースが出走してきました。

 

レースではスタートで出遅れ、最後も伸びることなく、見せ場を作ることができないまま7着に終わりました。

 

この敗戦により、デビューから続いていた連勝は6でストップしました。

 

ただ、出遅れや道中の不利など、クリソベリルの力が発揮されないまま終わってしまったので、次走の巻き返しは大いに期待できるでしょう。

 

 

クリソベリルの次走

 

クリソベリルの次走は3月のドバイWCです。(予定)

 

いずれにせよ、まだ成長途中の馬なのでこれからもっと活躍してくれるでしょう。

 

 

まとめ

 

クリソベリルはルヴァンスレ―ヴとは戦っていないものの、現役ダート馬の中で最上位に位置する馬と言えるでしょう。

 

川田騎手いわく、まだまだ成長途中なのでこれから先もダート界を牽引してくれるでしょう。

 

 

-競走馬

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界最強馬エネイブルについてまとめてみた

  世界最強馬と言われてエネイブルをイメージする人は多いかもしれません。   もちろん最強馬という定義は色々あり、色んな馬が候補にあがっていると思います。   ここでは、 …

2019年の有馬記念で引退した馬についてまとめてみた

  有馬記念といえば、賞金額や規模が大きいのはもちろんのこと、数々の名馬が引退するレースとしても有名です。   過去にはディープインパクトやオルフェーヴルなど競馬界を牽引した名馬が …

現役の地方馬で一番強いモジアナフレイバーについてまとめてみた

  2020年現在、現役地方最強馬と言われて多くの人がモジアナフレイバーを思い浮かべると思います。   基本的に地方の馬は中央の馬とは大きな力差がありますが、モジアナフレイバーは中 …

予後不良で死亡した馬たち【2020年版】

  競馬ではレース中のアクシデントや事故で、予後不良となる競走馬がいます。   予後不良は起きて欲しくない出来事ですが、競馬がある以上、仕方のないことでもあります。   …

no image

ついつい馬券を買いたくなる競走馬の名前15選【2019年現役競走馬編】

  競走馬には色んな名前が付けられており、名前を見ただけでその馬の馬券を買いたくなる時が多々あります。   ここでは、ついつい馬券を買いたくなる競走馬の名前を紹介します。 2019 …