初心者Q&A

競馬の不祥事をまとめてみた【2021年版】

投稿日:2020年9月29日 更新日:

 

毎年、競馬界では何かしらの不祥事や事件が起きます。

 

ただ、ニュースなどで大きく取り上げられることが少ないので、あまり知られていないことが多いです。

 

ここでは、近年で起きた競馬の不祥事や事件をまとめてみました。

中央競馬、地方競馬問わず紹介します。

 

 

岩手競馬の薬物問題

 

 

2018年の7月に岩手競馬で禁止薬物陽性馬が発生しました。

7月の水沢競馬で2着になった馬からボルデノン(筋肉増強剤)が検出されました。

 

ただ、禁止薬物陽性馬が出ることはそれほど珍しいことではありません。

中央競馬でも時折、発生することがあります。

 

ですが、岩手競馬の場合はこの事件を皮切りに9月、10月、12月にも禁止薬物陽性馬が発生しました。

これだけ続けて薬物事件が起きるのは滅多にありません。

 

どの事件についても心当たりが誰もなく、誰が何のためにやっているのか見当もつきませんでした。

 

その後、岩手競馬は刑事告発をしましたが、いずれの事件も犯人が分からないまま、捜査は難航しました。

 

そして、翌年の2019年11月にまたしても競走馬の1頭から筋肉増強剤が検出されました。

その後も新たに薬物陽性馬が発生し、2018年8月~2019年12月までで計12頭となりました。

 

薬物陽性馬が出るたびに中止と再開を繰り返しているので、岩手競馬はかなりの損失を出していますが、2021年3月現在も犯人は分かっていません。

 

 

馬券購入で逮捕

 

2020年9月に高知競馬の那俄性調教師が雇用していた厩務員が地方競馬の馬券を購入し、競馬法違反で逮捕されました。

 

地方競馬の厩舎関係者が地方競馬の馬券を買うことは競馬法で禁止されています。

 

この逮捕により指導監督の不十分ということで、那俄性調教師は戒告処分となり、実行20日間の章典停止となりました。

 

逮捕された厩務員は厩務員資格を取り消され、競馬への関与も2年間停止となりました。

 

ちなみに、同様の事件は地方競馬では頻繁にあり、2019年の7月にも岩手競馬の厩務員が地方競馬の馬券を購入し、逮捕・起訴されています。

 

 

中央競馬の調教師が飲酒運転で逮捕

 

2018年の7月に中央競馬の角居勝彦調教師が酒気帯び運転で現行犯逮捕されました。

 

JRAは角居調教師に対して6ヶ月の調教停止処分としました。

 

角居調教師といえば、ウオッカやエピファネイア、キセキなど数々の名馬を育てた調教師です。

逮捕された2018年もサトノワルキューレでフローラステークスを勝つなど活躍しており、競馬界に大きな衝撃を与えるニュースとなりました。

 

ただ、調教停止処分が解けた2019年1月にアメリカジョッキーCをあっさりと勝ち、皐月賞をサートゥルナーリアで、日本ダービーをロジャーバローズで制しています。

ダービー馬のその後についてまとめてみた【2020年版】

 

その後、2021年2月に家業を継ぐため勇退しました。

 

 

騎手が競走距離を間違える

 

 

不祥事ではありませんが、2018年10月に新潟6Rで山田敬士騎手が競走距離を誤認し、最下位に敗れる珍事件がありました。

 

新潟2500mはコースを2周しますが、山田騎手はなぜか1周目の直線で鞭を連打し、ゴール版を過ぎた後に競走をやめようとします。

直後にもう1周あることに気づき、急いでレースに戻りますが、結果はダントツの最下位に終わりました。

 

騎手が距離を誤認すること自体あり得ないことですが、何より2番人気の馬に乗っていたので余計大きな問題となりました。

 

2番人気ということは多くの人が馬券を買っており、その分、多くの競馬ファンから怒りを買うこととなりました。

ただ、若手騎手ということもあって擁護の声も多くありました。

有望な若手騎手をまとめてみた!

 

その後、裁定委員会が開かれ山田騎手は約3か月の騎乗停止処分となりました。

 

 

156頭が競走除外のハプニング

 

2019年6月15日、16日に出走予定だった馬が禁止薬物を摂取した可能性があるとして、該当馬156頭が競走除外になるハプニングがありました。

 

納品された飼料の中に禁止薬物が含まれており、その飼料を食べた可能性のある馬が競走除外となりました。

 

この飼料は以前から使われており、禁止薬物が含まれていないことが確認されていましたが、2018年12月から禁止薬物が含まれるようになったとのことです。

そのため、今回より前に出走していた馬は禁止薬物の恩恵を受けていた可能性も浮上しました。

 

JRAは2019年7月に会見を開き、薬物騒動の原因は飼料と同じ製造ラインでカカオ豆が粉砕されており、その粉じんが混入したためと発表しました。

 

また、除外馬には3着賞金相当を補償するとも発表しました。

 

この事件については以前にまとめた記事があるので、興味のある方はご覧ください。

競馬の禁止薬物とは?禁止薬物が発覚した場合について

 

 

笠松競馬の不祥事

 

2020年6月に笠松競馬の関係者4人が馬券を購入した疑いで事情徴収を受ける出来事があり、その後、書類送検の方針となりました。

 

この関係者の中には当時の笠松のトップジョッキーも含まれており、この騎手は同年8月に免許を更新せず引退しました。

競馬の現役有名騎手をまとめてみた【日本人編】

 

報道によると、4人中2人が馬券購入を大筋認めており、出走馬の不調などの内部情報を仲間内で共有し馬券を購入していました。

 

さらに、この4人を含む関係者10人以上が馬券の払い戻し金に関して、国税局から申告漏れを指摘されていたことが明らかとなり、笠松競馬は開催自粛となりました。

 

 

JRAの持続化給付金問題

 

2021年2月、新型コロナ持続化給付金をJRAの厩舎関係者160名以上が不適切に申請・受給していたことが明らかとなりました。

 

持続化給付金の趣旨や目的を理解しないまま申請・受給しており、大きな話題となりました。

 

日本中央競馬会や日本騎手クラブが謝罪のコメントを出し、申請・受給したほとんどの厩舎関係者が返還または返還手続きをしていると発表されました。

 

受給者の名前は明かされませんでしたが、一部の騎手や調教師も受給していました。

 

この騒動はJRAの馬主でもある男性税理士が多くの厩舎関係者に持続化給付金の話を持ち掛けたことが発端と言われています。

この騒動による開催中止などはなく、中央競馬は通常開催されています。

 

 

まとめ

 

近年に起きた競馬の不祥事をまとめましたが、細かい不祥事はまだまだあると思います。

そして、今後も増えていくことでしょう。

 

基本的に禁止薬物か八百長の不祥事が多いので、公正な競馬が行われていないという前提で馬券を購入することをおすすめします。

 

 

 

-初心者Q&A

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

競馬のルールについて簡単にまとめてみた

  競馬に限らずどんなスポーツにもルールが存在します。   競馬ではレースや馬券購入、レース観覧それぞれにルールがあります。   ここでは、競馬初心者が覚えておくべき競馬 …

no image

競馬はいくらから楽しめるのか

  競馬はお金がかかるイメージがあり、一体いくらあれば競馬を楽しむことができるのか気になっている人は多いでしょう。   また、競馬場やWINSに行く時どのくらいの金額を持っていけば …

中央競馬や地方競馬の結果速報の掲載サイト一覧

  外出先や仕事中に競馬の結果速報だけを知りたいという人は多いと思います。   ここでは、JRA(中央競馬)やNAR(地方競馬)の結果速報を掲載しているサイトを紹介します。 &nb …

no image

競馬を趣味にするとき注意すべき弊害

  競馬を趣味にすると、競馬を通じて知り合いが増えたり、毎週末の楽しみが増えるなどのメリットがあります。   ただ、デメリットもあり、それを知った上で競馬をやった方がより競馬を楽し …

競馬の距離についてまとめてみた【競馬の距離一覧】

  競馬のレースは様々な距離で行われます。   競馬初心者からすると、最後の直線のイメージが強く、一体どのくらいの距離を走っているのか分からないと思います。   ここでは …