初心者向け競馬ブログ

競馬初心者でも競馬が楽しくなるサイト

競走馬

2024年の引退馬をまとめてみた【引退馬一覧】

投稿日:

 

競馬では毎年、多くの競走馬が引退していきます。

 

当サイトでも多くの引退馬を紹介してきましたが、
今回は2024年に引退した競走馬を紹介します。

 

全てを紹介するときりがないので、
重賞で活躍していた馬や競馬ファンの記憶に残る馬などを
中心に紹介していきます。

(本ページはプロモーションが含まれています。)

 

 

中央競馬の買い目を無料でゲット!

今週の買い目はこちらから!

今すぐ【日刊競馬9】 へ!

 

 

2024年の引退馬一覧

 

 

2024年に競走馬登録を抹消された馬を紹介していきます。

なので、2023年がラストランでも
2024年に登録を抹消された馬は含んでいます。

 

また、中央競馬の登録を抹消し、
地方競馬に移籍した馬は
引退ではないので含めていません。

 

 

ジャスティンカフェ

 

成績 18戦5勝
主な勝ち鞍 2023年エプソムカップ(G3)

 

18戦中13戦は1600m戦と芝のマイル路線で活躍した馬です。

 

2022年にオープン入りすると、その年の毎日王冠ではサリオスの2着と好走しました。

 

その後はイマイチ結果がでませんでしたが、
2023年のエプソムカップで人気に応え初めて重賞を勝ちました。

 

2023年のG1マイルチャンピオンカップでも3着と好走し、
まだまだ活躍が期待されていましたが、
右前浅屈腱炎を発症し、2024年の東京新聞杯がラストランとなりました。

 

引退後は乗馬となる予定です。

 

 

レッドルゼル

 

成績 27戦9勝
主な勝ち鞍 2021年JBCスプリント(G1)

 

ダートの短距離からマイルあたりで活躍した馬です。

 

2ケタ着順は一度もないうえに、
掲示板を外すこともあまりない堅実に好走するタイプの馬でした。

 

2021年の根岸ステークス(G3)で重賞を勝つと、
その年のドバイゴールデンシャヒーン(G1)では2着と好成績を収めました。

 

そして、同年11月に金沢競馬場で行われてたJBCスプリント(G1)で
G1馬の仲間入りを果たしました。

 

2022年の東京盃後は重賞勝ちがありませんでしたが、
2023年のフェブラリーステークス(G1)で2着になるなど活躍し、
2024年のフェブラリーステークス(G1)がラストランとなりました。

 

引退後は種牡馬となる予定です。

 

 

アフリカンゴールド

 

成績 40戦5勝
主な勝ち鞍 2022年京都記念(G2)

 

重賞は1度しか勝っていませんが、
逃げ馬として毎回レースを面白くしてくれた競馬ファンの記憶に残る馬です。

 

2022年の京都記念(G2)では12番人気と全く人気のないなか、
マイペースに逃げていき、後続の猛追を振り切り優勝しました。

 

2021年のオクトーバーステークス以降はほとんどのレースで国分恭介騎手が手綱をとっていたので、アフリカンゴールド=国分恭介騎手という印象を持つ競馬ファンも多かったことでしょう。

 

2024年の京都記念(G2)を最後に引退となりました。

 

引退後は乗馬となる予定です。

 

 

イルーシヴパンサー

 

成績 17戦6勝
主な勝ち鞍 2022年東京新聞杯(G3)

 

芝のマイル路線で活躍した馬です。

 

1勝クラスから怒涛の4連勝で2022年の東京新聞杯(G3)を制し、
一躍マイル路線の主役に躍り出ました。

ただ、その年の安田記念では8着に敗れ、
2023年の京都金杯(G3)は勝ったものの
その後、大きな舞台での活躍はありませんでした。

 

引退後は乗馬となる予定です。

 

 

セキフウ

 

成績 23戦4勝
主な勝ち鞍 2021年兵庫ジュニアグランプリ(G2)

 

兵庫ジュニアグランプ(G2)1着、
サウジダービー(G3)2着と早い段階からダートで活躍していた馬です。

 

2023年の前半は凡走が続き、早熟かと思われていましたが、
2023年のエルムステークス(G3)ではその後にG1を勝つペプチドナイルなどを抑えて優勝しました。

 

ラストランとなった2024年のフェブラリーステークス(G1)では
13番人気ながら3着と好走し、波乱を演出しました。

 

引退後は種牡馬となる予定です。

 

 

アヴェラーレ

 

成績 17戦5勝
主な勝ち鞍 2023年関屋記念(G3)

 

重賞2勝のアルビアーノの子供としてデビュー時から期待されていた馬です。

 

その期待通りにトントンと3勝クラスまで勝ちあがりましたが、
その後は約1年3勝クラスを勝ちあがれませんでした。

 

ただ、2023年3月に3勝クラスを勝つと、
同年の関屋記念(G3)では非常に強い内容で勝ち切り、重賞勝ちを手にしました。

 

ラストランは2024年の東京新聞杯(G3)7着。

 

引退後は繁殖馬となる予定です。

 

 

コマンドライン

 

成績 8戦2勝
主な勝ち鞍 2022年サウジアラビアロイヤルカップ(G3)

 

デビュー時から期待されていた馬で、
新馬戦は単勝1.1倍の1番人気に推されました。

 

新馬戦を勝ち、次走のサウジアラビアRC(G3)も勝ったことから、
今後を期待されていましたが、
その後は凡走が続き、最後は障害に転向しましたが、
ラストランも競走中止で幕を閉じました。

 

引退後は乗馬となる予定です。

 

 

アリーヴォ

 

成績 12戦5勝
主な勝ち鞍 2022年小倉大賞典(G3)

 

小倉では4戦4勝と、まさに小倉巧者を体現したような馬でした。

 

2022年の大阪杯(G1)でも3着と好走し、
将来を期待されていましたが、
2022年の宝塚記念(G1)後に屈腱炎を発症し、復帰叶わず引退となりました。

 

引退後は乗馬となる予定です。

 

 

ミスニューヨーク

 

成績 28戦6勝
主な勝ち鞍 2022年ターコイズステークス(G3)

 

デムーロ騎手とのコンビで
ターコイズステークス(G3)を2連覇した馬です。

 

デビューからOPクラスまでは加藤祥太騎手とのコンビで結果が出ていましたが、
重賞ではなかなか好走できず、
2021年10月からデムーロ騎手とのコンビになると、
その2か月後にターコイズステークス(G3)を4番人気ながら勝ち切り、
重賞のタイトルを手にしました。

 

ラストランとなった2023年のターコイズステークス(G3)も3着と好走しており、
まさにターコイズステークスを象徴するような馬でした。

 

引退後は繁殖馬となる予定です。

 

 

マリアエレーナ

 

成績 23戦5勝
主な勝ち鞍 2022年小倉記念(G3)

 

芝の中距離路線で活躍した馬です。

 

2022年の小倉記念(G3)ではその後にG1を勝つジェラルディーナを抑え、
2着に5馬身差をつける圧勝劇を見せました。

 

2023年のエリザベス女王杯(G1)がラストランとなりました。

 

引退後は繁殖馬となる予定です。

 

 

パンサラッサ

 

成績  27戦7勝
主な勝ち鞍 2022年ドバイターフ(G1)

 

近年の逃げ馬のなかではトップクラスの印象と結果を残した馬です。

 

デビュー時はそこまで期待されている馬ではありませんでしたが、
2021年の福島記念(G3)を勝ったあたりから多くの競馬ファンに注目され、
2022年のドバイターフ(G1)では歴史的快挙を成し遂げました。

 

そして、何よりこの馬は芝だけでなくダートでも走り、
2023年のサウジカップ(G1)でも歴史的快挙を成し遂げました。

 

引退自体は2023年に決まっていましたが、
競走馬登録自体は2024年1月に抹消されました。

 

引退後は種牡馬となる予定です。

 

 

-競走馬

執筆者:

関連記事

2022年の引退馬についてまとめてみた【引退馬一覧】

  毎年、数多くの競走馬が引退していきます。   ケガで引退する馬もいれば、種牡馬や繫殖馬として第2の仕事に移るために引退する馬などそれぞれです。   ここでは、2022 …

屈腱炎で引退した競走馬をまとめてみた【2021年版】

  競走馬の多くがケガや病気で引退を余儀なくされますが、その中でも特に多いのが屈腱炎(くっけんえん)での引退です。   ここでは、2015年以降で屈腱炎で引退した有名馬を紹介します …

現役の地方馬で一番強いモジアナフレイバーについてまとめてみた

  2021年現在、現役地方最強馬と言われて多くの人がモジアナフレイバーを思い浮かべると思います。(最近はカジノフォンテンなどの活躍の方が目立ちますが…)   基本的に …

no image

現役ダート馬で一番強いクリソベリルについてまとめてみた

  現在、ダート界にはルヴァンスレーヴやゴールドドリームなどの名馬がいますが、その中でも結果を残し続けているのがクリソベリルです。   ここでは、現役ダート馬で一番強いクリソベリル …

no image

【競走馬の名前】アニメやマンガ関連の馬名がついた競走馬12選

  競走馬にはそれぞれ名前が付けられており、個性豊かな面白い馬名がたくさん存在します。   そんな数いる競走馬の中から、今回はアニメや漫画に関連した馬名の競走馬を紹介します。 &n …