馬券

三連単5頭ボックスとは?買い方は?三連単5頭ボックスについてまとめてみた

投稿日:2019年10月3日 更新日:

 

競馬には様々な馬券の買い方がありますが、その中でも人気なのが三連単です。

 

三連単は当たる確率は他の買い方に比べて低いですが、当たった時の配当は大きいです。

 

三連単にも複数の買い方があり、特に有名なのが三連単5頭ボックスでしょう。

「三連単5頭ボックスならだいたい当たる~!」というセリフが有名なこともあり、言葉だけは知っているという人も多いでしょう。

 

ここでは、三連単5頭ボックスについて紹介します。

 

 

三連単とは

 

 

そもそも三連単5頭ボックスの前に三連単について知らない人もいるでしょう。

 

三連単とは、1着~3着までを順番通りに当てる馬券のことです。

 

たとえば、4-5-10の組み合わせの三連単を買ったら、馬番号4の馬が1着、5番の馬が2着、10番の馬が3着に来ると的中となります。

1~3着のうちどれかが外れてしまうと的中にはなりません。

 

ただ、上記のように三連単を1点で買うことはあまりしません。

流しやフォーメーション、ボックス買いといった買い方で買うことが多く、手広く買うのが主流となっています。

 

 

三連単5頭ボックスとは

 

三連単5頭ボックスとは出走馬から5頭を選び、その5頭のうちの3頭が1~3着に来たら当たりの馬券です。

 

たとえば、出走頭数が16頭のレースで三連単5頭ボックスを買うとします。

 

馬番号1、4、5、10、16の5頭を選んだ場合、この番号以外の馬が1~3着に入ってしまうと馬券は外れとなります。

逆に1着4番、2着10番、3着5番など、選んだ馬番の馬で1~3着が埋まれば的中となります。

 

ボックス買いなので順番を当てる必要はなく、選んだ馬が3着以内に全て入れば当たりとなります。

 

 

頭数は自由に決められる

 

5頭ボックス以外にも4頭ボックスや7頭ボックスなど頭数は自由に決めることができます。

三連単4頭ボックスなら選んだ4頭の馬で、1~3着が埋まれば的中となります。

 

当然のことですが、数を増やせば増やすほど的中の確率は上がります。

ただ、頭数を増やせばかかる金額も増えてしまいます。

 

 

ボックスは三連単以外にも

 

馬単や馬連、ワイド、三連複もボックスで買うことができます。

 

馬単5頭ボックスなら選んだ5頭のうち2頭が1着と2着になると、当たりとなります。

 

ただ、ボックス買いの場合、買い方によってかかる金額は変わってきます。

 

 

超高配当も狙える

 

ボックス買いの場合、順番に関係なく選んだ馬が全て1~3着に来ればいいので、超高配当も狙えます。

 

たとえば、1~4番人気と16番人気の5頭の3連単ボックスを買うとします。

 

1-2-3番人気の順に決着すると配当は少なくなりますが、16-2-3や1-16-3番人気で決着するとかなりの高配当が期待できます。

 

基本的に人気薄の馬はヒモ(2,3着)には入れるけど、頭(1着)では買わない人がほとんどです。

 

なので、人気薄がたまたま勝ってしまった場合はその馬に印を打っていても外れとなってしまいます。

 

しかし、ボックスなら自分が1着はないと思っている馬が万が一勝ってしまった場合も、買い目に入れているだけで当たりとなるのです。

 

つまり、3連単ボックスは手広く当てることができ、誰も予想だにしていない高配当を的中させることができるのです。

 

 

三連単5頭ボックスにかかる金額

 

 

三連単5頭ボックスの場合、全部で60通りの組み合わせとなるので、100円で買うと合計で6000円必要となります。

 

三連単4頭ボックスなら2400円、6頭ボックスなら12000円かかることになります。

 

3連単ボックスの頭数ごとの金額(100円の場合)

頭数 金額
3頭 600円
4頭 2400円
5頭 6000円
6頭 12000円
7頭 21000円
8頭 33600円

 

上の表を見て分かるように、3連単ボックスは結構お金がかかります。

なので、少額の予算でボックスを買いたい人は3連複ボックスをおすすめします。

 

三連複なら組み合わせ数が少ないので、5頭ボックスで1000円、6頭ボックスでも2000円しかかかりません。

もちろん、三連複の方が三連単より配当が少ないですが、その分かかる金額も抑えることができます。

 

ボックス買いは当たる確率は高くなりますが、それなりに金額がかかるので「がみる」場合もあります。

たとえば、6000円かかったのに三連単の配当が2000円しかつかなかったら、4000円のマイナスとなってしまいます。

 

ですので、ボックス買いをする時は「がみる」可能性も頭に入れて購入しましょう。

 

 

3連単5頭ボックスがおすすめな訳

 

3連単の配当はレースや頭数によって大きく変化します。

 

基本的に3連単は配当がつきやすいですが、時には数千円の配当の時もあります。

 

ただ、14頭立てや16頭立てなら極端に人気が偏らない限り、人気決着でも5000円以上つくことがほとんどです。

 

なので、3連単5頭ボックスは6000円しかかからないため、最悪少しのマイナスで済みますし、プラス収支となる可能性も高いです。

逆に、3連単6頭ボックスだと12000円かかるので、大幅なマイナスとなることもあるのです。

 

もちろん、5頭より6頭ボックスの方が当たる確率は上がりますが、リスク等々を考えると5頭ボックスの方がいいと思います。

 

 

三連単5頭ボックスの買い方

 

ボックスの買い方はそれほど難しくありません。

 

ネットから購入するのであれば、ボックスと書かれた方式を選択し、買いたい馬を選べば簡単に購入することができます。

 

マークシートの場合は、まず赤色のマークシートを選びましょう。

単勝や複勝を買う時は黄色のマークシートを使いますが、黄色のマークシートではボックスで買うことはできません。

 

マークシートから馬券を買う方法については以下の記事をご覧ください。

 

3分で分かる!競馬初心者のための馬券の買い方

 

マークシートの塗り方はボックスでもほとんど同じなので、悩むことはないでしょう。

 

 

大金を狙うなら中央競馬、当てたいなら地方競馬

 

中央競馬は出走頭数も多く、三連単の配当も大きいです。

その分、ボックス買いでも的中させるのは難しいです。

 

逆に地方競馬の場合、出走頭数は少ないですが高配当も少ないです。

地方競馬は出走頭数が10頭以下になることも多いので、三連単5頭ボックスなら的中する確率は非常に高くなります。

 

つまり、三連単5頭ボックスで大金を狙うなら中央競馬、確実に的中させたいのであれば地方競馬がおすすめです。

 

中央競馬と地方競馬の違いについては以下の記事をご覧ください。

 

中央競馬と地方競馬の違い

 

まとめ

 

三連単5頭ボックスは金額はかかりますが、初心者でも買いやすい馬券となっています。

 

三連単は高額配当を狙える馬券なので、競馬で大儲けしたい人は三連単5頭ボックスを買ってみてはいかがでしょうか。

 

-馬券

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

競馬初心者は芦毛の馬を買ってみよう

  競走馬の毛色にはたくさんの種類があります。 その中でも競馬初心者の方におすすめなのが、芦毛の馬です。   ここでは、芦毛の馬について紹介します。     毛色の種類   サラブレッドの毛色の種類は …

ユニコーンステークスのサイン馬券【サイン馬券2020】

  今週話題となったニュースを基に予想したサイン馬券を公開します。   ここでは、6月21日に行われるユニコーンステークスのサイン馬券を公開します。 サイン馬券とはニュースなどの時 …

神戸新聞杯のサイン馬券【サイン馬券2020】

  今週話題となったニュースを基に予想したサイン馬券を公開します。   ここでは、神戸新聞杯のサイン馬券を紹介します。 サイン馬券とは、ニュースなどの時事ネタから連想される馬券のこ …

レパードステークスのサイン馬券【サイン馬券2020】

  今週話題となったニュースを基に予想したサイン馬券を公開します。   ここでは、8月9日に行われるレパードステークスのサイン馬券を紹介します。 サイン馬券とは、ニュースなどの時事 …

no image

3分で分かる!競馬初心者のための馬券の買い方

  競馬初心者が最初に躓くのが馬券の買い方です。   身近に競馬経験者がいない場合、どうやって馬券を買えばいいのか分からないと思います。   ここでは、競馬初心者のための …